茶谷清士|石川県金沢市のライフプラン相談はアクアライフ

茶谷清士のご紹介

代表挨拶

茶谷清士 こんにちは!アクアライフ代表の茶谷清士です。 私は1979年1月25日に母親の出身地の石川県にある金沢の病院で生まれ、富山県の氷見市で育ちました。 お魚のブリで有名な氷見です。 祖父の代まで漁師の家系で、父親は漁協で勤務、 母親は看護師という普通の共働き世帯で育ちました。 兄弟は妹が2人います。いわゆる長男っていうやつですね。 現在は、実家を離れ(長男なのに)金沢で起業しています。

高校は氷見高校の普通科(普通の人です)、大学は推薦で国立富山大学工学部へ進学しました。 大学のころは何をしていたかというと、アルバイトを一生懸命していた記憶しかないですねぇ。 まぁ働いてお金を稼ぐことが好きでしたね。 ガソリンスタンドで4年間働いていたのでオイル交換etc.はお手の物です。

その甲斐あって?4年のときに卒業研究だけ残して、そのままアルバイト先へ中途入社・・・。 目的なくさ迷う今時の若者でしたねぇ。 一年くらい経ったとき、本社の営業にまわされ、そこから営業人生がスタートしました。 営業を始めると歩合給が欲しくなり、固定給だけの会社では頑張れなくなり転職。 これがいい経験になりました! 転職先で思いっきり私の天狗の鼻をボッキボキに折ってくれちゃったのです。 謙虚に堅実に生きていこうと思いました。 この会社、辞めることになりさすがに10日ほど凹みました。

しかーし!へこたれることなく、就職活動を開始!そう私はへこたれないのです! 思ったより簡単に次の会社が決まりました。そこはベンチャーで真剣に上を見て頑張りました。 ここで本当に色々と経験させて頂きました。一般の営業から始めてOA機器を売りまくってました。

結果が認められ、新しい事業部の立ち上げを任されるようになるまで頑張りましたねぇ。 その事業部というのが保険の事業部でした。 生命保険に携わるようになり考え方が少しずつ変わっていきました。

何が変わったのかというと、 自己欲で生きてきた人間が他人のために何かをしようと思えるようになったことですね。 もし考え方が変わってなかったとしたら、今の私はないでしょう。

その後、広告関連の事業部へ行き、 会社の経営戦略室、財務と同時に複数の仕事を抱えて頑張りました。 ただ、そこで矛盾が生じてきました。

当時、100名以上の従業員を抱える会社で皆、毎日、日が変わるまで仕事しているんです。 休日出勤は当たり前。そこまで働いてもお給料はかわらず。 ついに社長の経営に対しての議論へ。お互い引くことを知らず、納得がいかないまま平行線。 それならばと退社して起業です。そして考えが変わっていきます。

お客様、従業員、ようは自分ではなく他人に潤ってもらわないといけない。 今の自分の身の丈でできることをひたすらやる! そうすることでの自己成長、成長したときにできることをひたすらやる!その繰り返し。 それが事業の利益の追求、人の雇用に繋がっていくと信じて日々、邁進しています。 もともと小さい人間の私ですが、正しく努力することを続け、 少しでも大きい人間になるように頑張っていきます。

株式会社アクアライフ 代表取締役社長 茶谷清士


トップページセミナー情報ライフプラン相談会社概要代表紹介
問合せ セミナー申込
© aqualife all rights reserved.